【EXCEL関数】より便利な検索を!検索関数『XLOOKUP』

EXCEL

『VLOOKUP』と似た関数である検索関数『XLOOKUP』。

『VLOOKUP』と比べて必須項目が3つになり、
より簡単に目的のセルを検索できるこの関数ですが、
どうやって使うのでしょうか?

解説していきます。

『VLOOKUP』の使い方は↓

スポンサーリンク

XLOOKUPって何?

ぱかこ
ぱかこ

この条件にあうセルを検索して!

というときに便利な関数である『XLOOKUP』

使用例としては『VLOOKUP』と変わりませんが、

・表としてまとめたデータから目的のデータを検索したい。

・指定した番号のデータを抽出したい。

といった多くのデータを扱う方にオススメの関数となっております。

また、『VLOOKUP』検索値の入った列を先頭に持ってくる必要が無く、
現在作成している表をそのまま使えるので、

もっと簡単に短時間で検索したい方にもオススメです。

XLOOKUPに使われる引数

今回は必須項目のみを解説します。

この関数の良いところは、
検索範囲と戻り範囲を指定すれば目的の値を検索できるところ。

3項目で済むのは助かりますね。

XLOOKUPの使用例

例として今回は色々な項目から、商品名と購入個数の2項目を検索してみましょう。

商品名を検索

例:J2に『I2で指定した番号と一致する番号をA列から検索し、
B列から検索結果と同じ行にある商品名を表示する。』場合

検索値:「I2」(I2に検索したい番号の入力する。)
検索範囲:「検索したい列をすべて」(今回はA列の番号を検索するのでA:A)
戻り範囲:「戻り値を表示したい列すべて」(今回はB列の商品名を表示したいのでB:B)

番号に「1」を入力してみましょう。

商品名に「あるぱかTシャツ」が表示されました。

今度はI2に「2」を入力してみましょう。

商品名に「あるぱかコップ」が表示されました。

次は購入個数の欄に入力してみましょう。

購入個数を検索

例:J2に『I2で指定した番号と一致する番号をA列から検索し、
E列から検索結果と同じ行にある商品名を表示する。』場合

検索値:「I2」(I2に検索したい番号の入力する。)
検索範囲:「検索したい列をすべて」(今回はA列の番号を検索するのでA:A)
戻り範囲:「戻り値を表示したい列すべて」(今回はE列の商品名を表示したいのでE:E)

番号に「2」を入力してみましょう。

購入個数に「20」が表示されました。

このように引数を指定すれば目的の値を検索することができます。

基本「検索値」、「検索範囲」、「戻り範囲」の3つを指定すれば使うことができるので、
簡単にかつ短時間に検索したい方には非常に便利な関数です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました