【EXCEL便利術】一発解決!VLOOKUPのエラーで反映されない!

EXCEL
あるぱか
あるぱか

よし!VLOOKUPで検索できるようにしたぞ!
品番も設定したし、あとは名前が表示されればOKだね!

あるぱか
あるぱか

あれ?エラーが表示された…

品番は同じになっているはずなのに…

なんでぇ?

VLOOKUPで検索した際にエラーが表示されることって、ありますよね

(VLOOKUPの使い方は⇒https://arupaka-san.com/excelvlookup1/

表示されるエラーとしてはいろいろありますが、VLOOKUPでよくみられるエラーは

・#N/A(ノー・アサイン)

・#REF!(リファレンス)

・#NAME?(ネーム)

・#VALUE!(バリュー)

・表示されてほしい値が違う

ではないかと思われます。

今回はVLOOKUPを使用した際に表示されてしまったエラーの内容と対処方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

#N/A(ノー・アサイン)のエラー内容と対処方法

#N/A(ノー・アサイン)がエラーとして表示された原因としては、大きく分けて2種類あります。

・検索する関数などで値を検索した際に、検索値が見つからなかった
・検索値が表示されせてほしい検索結果の値と表示形式が違う

では、以上2つを細かく分けてみていきましょう

検索する関数などで値を検索した際に、検索値が見つからなかった

例1) 検索値が検索範囲に存在しない場合

例えばE2セルの値を検索値とし、A列を検索範囲とする。
検索値をA列の検索範囲より検索し、検索結果と同じ行にあるB列の値をG2セルに表示する、とした場合、

E2に入力した検索値がA列になければエラーが表示されます。

対処方法としては、以下の方法があります。

・A列に検索値の内容を追加する
・検索値に検索結果が出る内容を入力する

例2)検索範囲がずれてしまっている

A列を検索範囲にしたいと思っていたが、手違いでB列を検索範囲とした場合、
検索値はB列には存在しないのでエラーが表示されます。

対処方法としては、

検索範囲や表示させる範囲を正しく設定する、必要があります。

検索値が検索結果の値と書式設定など表示形式が違う

エラーでよくあるのが、検索範囲の書式設定と検索値の書式設定が異なっている場合です。

見えているセルの値が同じでも、実はその中身が全く違い、検索されずにエラーが表示されてしまいます。

他にも大文字、小文字の違い、Oと0の間違い、空白(スペース)が入っているなど、
同じように見えて実は違う箇所があるかもしれないので確認しましょう。

対処法としては、以下の通りです。

・検索値、検索範囲の値が同じであるか確認
・書式設定が異なっていないか確認

(セル内の書式設定の変更方法については⇒https://arupaka-san.com/0101_initials_formatting/

コメント

タイトルとURLをコピーしました