【SPI対策】高得点をもぎ取れ!効率の良い勉強方法!

SPI

今や多くの企業の採用試験に使用されているSPI。

ただがむしゃらに勉強するだけでは高得点には繋がりません。

どうせ勉強するなら効率良く、しっかり自分の力になる学習方法で
SPI対策を行いましょう!

今回は効率の良いオススメのSPIの勉強法について記述いたします。

スポンサーリンク

オススメのSPI勉強方法

1.時間をあらかじめ設定して問題を解く

SPIにはもちろん制限時間が存在しますので、
1問の解答時間は限られてきます。

日頃の学習時間でも試験の感覚を身につけるために、
制限時間を設けて問題を解きましょう。

問題にもよりますがおおよそ
1問につき1分で解いてみましょう。

2.問題パターンを把握しておく

SPIの出題パターンはある程度決まっているため、
問題の解き方がわかっていれば
あっという間に解くことができます。

非言語であれば計算方法や方程式の作り方を覚えれば、
数学が苦手な方でも対処することができます。

このサイトでは問題の解き方や計算方法などを
SPI勉強をはじめたばかりの方でもわかりやすく、
単元ごとに解説しているため、
問題の解き方がよくわからない方は是非ご覧ください。

3.わからなければ答えを見る

問題が解けるまで粘るのも大事ですが、
解き方がわからなければいつまでたっても解けません。

わからなければいっそのこと答えを見てしまってください。

答えを見て、解き方を学び、
次回似たような問題が出たときに解けるようにしましょう。

4.問題集は複数冊使用する

SPIの出題傾向はある程度決まっていますが、
問題の内容はもちろん変わります。

複数の問題集を用いることで問題の傾向や出題パターンを
よりしっかり知識を身につけることができます。

例えば、
①問題の解き方を学習する用(教科書として使う)
②学んだ解き方を使って解答する用(問題集・ドリルとして使う)
のように問題集の役割を分けて使用しましょう。


5.実際に模擬試験を受けてみる

上記の1~4を実施し、ある程度自信がついてきたら
実際に『模擬試験』を受けてみましょう。

実際の試験の感覚や自分の知識を知ることができます。

最近の多くのサイトは
本番を想定した試験を受けられる
玉手箱やWEBテスティングといった様々な種類の試験を受けられる
無料で模擬試験を体験できる
など、就活者にとってメリットの多いサイトが増えています。

普段の勉強とは違い、
自分自身の力を確かめる、SPIに慣れることができる
『模擬試験』是非受けてみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました