【EXCEL関数】フリガナを簡単表示!!PHONETIC関数

EXCEL
あるぱか
あるぱか

難しい名前にフリガナつけないといけないけど、

いちいち入力するの面倒だなぁ・・・

ぱかこちゃん
ぱかこちゃん

フリガナ入力に便利な関数があるわよ!

難しい漢字や名前にフリガナがついていると、
確認する際に便利ですがいちいち入力するのは大変ですよね。

今回はフリガナを入力する際に便利な関数である、

PHONETIC関数についてご紹介します。

スポンサーリンク

PHONETIC関数とは

PHONETIC関数関数は
引値で指定したセルのフリガナを参照してくれる便利な関数です。

使い方は非常に簡単で、関数を入力し参照したいセルを選択するだけです。

ENTERを押せば完了です。

フリガナの表記が違う場合

PHONETIC関数で表示したフリガナが違っている場合は、
別機能にて修正をする必要があります。

例えば上の表の藤原大輝さんの読み方が
フジワラタイキ さんではなく、
フジワラヒロキ さんの場合フリガナの修正をする必要があります。

修正は下の図の赤枠で囲っている箇所を押して行います。
(「ホーム」タブにあります)。

このボタンは「ふりがなの編集」等を行うことができるボタンであり、
押すと指定したセルにフリガナをふってくれる便利な機能となっています。

「ふりがなの表示」を押しても指定したセル内にフリガナをふってくれます。

フリガナが間違っている場合にそのフリガナを修正するときには、
修正したいセルを選択して「ふりがなの編集」ボタンを押して編集します。

「ふりがなの編集」ボタンを押すと、編集できるようになるので修正します。

修正が終わり、ENTERを押すとPHONETIC関数で参照した値も修正されました。

フリガナをカタカナ表示からひらがな表示にしたい!

カタカナ表示から平仮名や、半角カナ表に変更する場合は、
「ふりがなの設定」ボタンから変更することができます。

「ふりがなの設定」ボタンをクリックすると、
ふりがなに関する様々な設定ができる表示が出てきます。


「種類」を「ひらがな」に変更し、OKを押すと、
PHONETIC関数で参照したフリガナも平仮名表示になりました。

最後に

通常のフリガナ表示は小さく、見にくいため、
別のセルにてフリガナを入力することもあるかと思います。

一つずつ入力するのは大変なため、
別セルにてフリガナ入力する際には、
是非PHONETIC関数を使ってみてください!!!

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました