【SPI対策】時間と距離と速さ② 対象が2人の場合

SPI

前回のお話はここから

あるぱか
あるぱか

ぜぇ…ぜぇ…
あの2匹…本当においていくなんて…

あるぱか
あるぱか

今から追いかけて間に合うのだろうか…

スポンサーリンク

例題1

Aグループは歩く速度が5km/時、Bグループは歩く速度が6km/時です。
Aグループが歩き始めて1時間後にBグループが歩き始めました。
BグループがAグループに追いつくのはBグループが歩き始めて何時間後ですか。

Bグループが追いついたとき、AグループとBグループが歩いた距離は同じになります。

これをうまく使ってみましょう。

AグループとBグループが歩いた距離を求めてみましょう。
何時間歩いたかわからないので、歩いた時間をxとして考えます。

Aグループの歩いた距離
はじめに歩いた1時間にx時間を足して、その合計値を速さで掛けるので5(x+1)

Bグループの歩いた距離
シンプルに速さと時間を掛けます6x

5(x+1)=6x これを計算するとx=5
よって答えは5時間となります。

あるぱか
あるぱか

いや待てよ…今昼前だよな
あの2匹がここを出発したのが朝方だったからもう山を下りてくるかもしれない

鉢合わせするかも…

コメント

タイトルとURLをコピーしました