【EXCEL関数】初心者にお勧め!検索関数『VLOOKUP』

EXCEL

関数を始めたばかりの人に特に覚えてほしいのがこの『VLOOKUP』
引数の指定も簡単で、必要な情報を検索してくれます。

スポンサーリンク

VLOOKUPって何?

ぱかこ
ぱかこ

この条件に当てはまるセルを検索して!

というときに便利な関数が「VLOOKUP」です。

使用例としては

・表としてまとめたデータの中から当てはまるデータを見つけたい。
・指定した番号のデータを抽出したい

といった普段から入力項目が多くなりがちな方や
沢山ある情報からデータをピックアップしたいという方にお勧めです

VLOOKUPに使われる引数

検索方法を入力しなかった場合、自動的に検索値と完全一致したものを検索してくれます。

VLOOKUPの使用例

VLOOKUPを使う際には、あらかじめデータをまとめた表が必要です。

今回は簡単に番号と名前と性別が入力されている表を作りました。
この中から必要な情報を検索してみましょう。

例:F2に『指定した番号と一致する番号を検索し、その名前を表示する』場合

検索値:「E2」(E2セルに検索したい番号を入力します。)
範囲:「表の入力欄すべて」(今回は番号から性別までのすべてなので「A2:C11」)
列番号:「範囲内で名前が入力されている列番号」(今回は範囲内の2列目にあるので「2」を入力)
検索方法:完全に一致している番号を検索(「0」を入力)

番号「1」のアルパカの名前を検索してみましょう。

検索値であるE2セルに「1」を入力すると、

戻り値として「あるぱか1」が表示されました。

今度は「3」を入力してみましょう。

戻り値として「あるぱか3」が表示されました。

次は、「性別」を表示できるようにしてみましょう。

例:F2に『指定した番号と一致する番号を検索し、その性別を表示する』場合

検索値:「E2」(E2セルに検索したい番号を入力します。)
範囲:「表の入力欄すべて」(今回は番号から性別までのすべてなので「A2:C11」)
列番号:「範囲内で性別が入力されている列番号」(今回は範囲内の3列目にあるので「3」を入力)
検索方法:完全に一致している番号を検索(「0」を入力)

列番号に関しては慣れが必要ですが、わからなくなったときは
表の先頭列を1としたとき、目的の内容が入力されているのは何列目なのか数えて、
その列数を入力して下さい。

今回の場合、名前を検索したい場合は「2」、性別を検索したい場合「3」となります。
もちろん、番号を検索したい場合は「1」を入力すれば、その結果が戻り値として表示されます。

番号「1」のアルパカの名前を検索してみましょう。
検索値であるE2セルに「1」を入力すると、

戻り値として「オス」が表示されました。

このように、非常に簡単に条件に合ったセルを検索することができます。
初心者にもお勧めで、ぜひ使っていただきたい関数です

しかし、こんな便利な関数にも少しだけ問題点があります。
それは「検索値」に当てはまるセルが複数あった場合、範囲内で最も上の情報が戻り値として表示されることです。
この問題を回避するためには、「検索値」をより細かくするなど
工夫を凝らす必要があります。

次回は、
検索値を増やす、部分条件の設定など
VLOOKUPに役立つ小技をいくつか紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました