【EXCEL便利術】一瞬で終了!?セル幅の自動調節! - パート 2

【EXCEL便利術】一瞬で終了!?セル幅の自動調節!

EXCEL
スポンサーリンク

①幅を調節したい範囲を選択

Ⅰ.ドラッグで範囲を選択する
Ⅱ.「ctrl」+「shift」+「矢印キー」で範囲を選択する

どちらの方法でも大丈夫ですが、
列の幅を調節したい範囲をすべて選択してください。

個人的には、
範囲内のセル数が少ない場合 → 上記Ⅰの方法

範囲内のセル数が多い場合  → 上記Ⅱの方法

がおすすめです!

②ショートカットキーを入力

調節をしたい全範囲を選んだら、キーを入力しましょう。
同時押し、ではなく順番に押す必要がありますので注意してください。

押すキーは4つ、

「alt」→「H」→「O」→「I」

以上の順番で押してください。

すると、選択された各列のセルの中で、
もっとも長い文字列に合わせてセル幅を調節してくれます。

非常に簡単であるため、いままで秒~分単位でかかっていた時間が一瞬で終わります。

ちなみに、今回はよく使われる横幅の調節方法を紹介しましたが、
縦幅を調節したい場合は、

「alt」→「H」→「O」→「A」

という順番で入力すれば縦幅に合わせて調節してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました