【EXCEL関数】選択した値の積を求める『PRODUCT』

EXCEL

選択した値の合計を求める『SUM』に対して、選択した値の積を求めるのが『PRODUCT』

使い方は『SUM』と同じです。

スポンサーリンク

PRODUCTって何?

ぱかこ
ぱかこ

この値とこの値をかけといて!

といったときに便利な関数です。

指定した引数をすべて掛け、その計算結果を算出してくれます。

PRODUCTに使われる引数

引数が増えるごとにカンマ(,)を用いるか、指定したい範囲をコロン(:)で繋ぎます。

PRODUCTの使用例

実際に使ってみましょう。

単価300円のアルパカキーホルダー20個の合計金額を知りたいとき、

=PRODUCT(B2,C2)

=PRODUCT(B2:C2)

どちらでも計算することができます。

戻り値として6000が算出されました。

この式をD2から下のセルにコピーし、SUM関数を用いてD8セルに合計金額を算出すると

戻り値として147000が算出されました。

こんな風に、関数を組み合わせることで売上表を作成できたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました