EXCEL関数 真偽はどっち?論理関数「IF」

EXCEL

「EXCEL関数ってどんなものがあるの?」と聞かれて、おそらくトップ3に入るのが「IF」
使い方も非常に簡単ですので、しっかりマスターしましょう。

スポンサーリンク

IFって何?

ぱかこ
ぱかこ

このセルは条件はあってる?

と判断してほしいときに役に立つのが「IF」です。

指定した条件に合致するか判定し、戻り値として真(TRUE)、偽(FALSE)を返してくれます。

IFの使い方

IFに関しては、関数式で覚える方法もありますが、
文章の方が覚えやすいかもしれません。

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)
「もし、”論理式”だったら”真の場合”を表示、違えば”偽の場合”を表示」
みたいな感じです。

実際に具体例を交えて考えてみましょう。

IFの使用例①「同じかどうか」

図のセルA2が1であるかIFを使って判定してみましょう。
真の場合は「〇」、偽の場合は「×」とします。

以上の条件を文章にしてまとめてみると、
「もし、セルA2が1のとき〇を表示、違えば×を表示」という内容になります。

では、関数式に当てはめてみましょう。

C2 =IF(A2=1,”〇”,”×”)

関数式の内容:もし、セルA2が1の時〇を表示、違えば×を表示

戻り値として「〇」が表示されたので、論理式は真であることがわかりました。

ポイント

「1」などの半角数字や「A1」等のセルを指定する場合はそのまま入力しますが、
「〇」や「あ」、「abcd」といった文字列を指定する場合は「“(ダブルクォーテーション)」で囲む必要があります。

仮に「A1」を「”(ダブルクォーテーション)」で囲った場合、指定されるのはA1セルではなく、「A1」という文字列ということになります。

A1セルに名前、A2セルにA1と記入。IFでA1とA2の内容が同じか判別してもらいましょう。

もちろん結果は偽です。×が表示されました。

では今度は、A1を「”(ダブルクォーテーション)」で囲ってみましょう。

今度は〇が表示され、真となりました。
このように、「”(ダブルクォーテーション)」で囲むかどうかでその意味合いが変わってきます。

ちなみに、
「””」これも意味がちゃんとあります。何だと思いますか?

これは「何もないものを囲っている」。つまり、空白になります。

IFの使用例②「大きいか、小さいか」

図のセルA2が0より大きいか判定してみましょう。
真の場合は「〇」、偽の場合は「×」とします。
では、関数式を文章にしてみましょう。

…いかがでしょうか
「もし、セルA2が0より大きいとき〇を表示、違えば×を表示」
似ている内容になっていれば花丸です。
では、関数式を入力してみましょう。

C2 =IF(A2>0,”〇”,”×”)

関数式の内容:もし、セルA2が0より大きいとき〇を表示、違えば×を表示

1は0より大きい値なので論理式は真であり、「〇」が表示されました。

論理式に用いる記号は、条件によって使い分ける必要があります。
以下の表は、条件ごとに使われる記号と条件式をまとめたものです。

基本的には、例で作ったような関数式へ条件ごとに記号を入力すればOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました