EXCEL関数 数え方を使い分け『COUNT』一族!

EXCEL

セル内のデータを数えてくれるのが『COUNT』関数。実は色々種類があります。

どんなデータを数えたいか。どんな条件で数えたいか。

使い方によって用いる関数が違うので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

数値を数える『COUNT』

選択した範囲内にある、数値のデータを数えてくれるのが『COUNT』です。
数値のデータとは、「直接計算に用いることができる値」を指します。

数えたいセルをひとつひとつ選択するか、範囲を選択することで、数値のデータが入ったセルの個数を数えてくれます。

例えば、1列目にデータが入っています。

1列目のデータのうち、数値が入っているデータの個数を数えてみましょう。

選択したデータのうち、数値であるのはA2の「1」のみなので、
COUNTの戻り値として「1」が表示されました。

条件を数える『COUNTIF』と『COUNTIFS』

選択した範囲内にあるデータのうち、指定した条件の個数を数えてくれるのが
『COUNTIF』と『COUNTIFS』です。

『COUNTIF』は条件が1つのみ選択でき、『COUNTIFS』は複数の条件を選択することができます。

『COUNTIFS』は上記の関数式の範囲と検索条件をたくさん付け足すことができるイメージで大丈夫です。

COUNTIFを用いて先ほど使用したデータのうち、「あ」が何個あるか数えてみましょう。

データ上では1つしかないので戻り値として「1」が返されました。

空白を数える『COUNTBLANK』

選択した範囲のうち、「空欄」を数えてくれるのが『COUNTBLANK』

使い方は『COUNT』と同じです。

先ほどのデータから「空白」のセルを数えてみましょう。

戻り値として「1」が返されました。

セル内にデータがあれば数える『COUNTA』

選択した範囲内にデータがあれば数えてくれる関数が『COUNTA』です。

先ほどのデータから、データが入っているセルを数えてみましょう。

戻り値として「4」が…


ん?「4」

A5セルに関数式が入っていました。

『COUNTA』はデータが入っているセルの個数を数えるので、関数式も数えてしますのです。

では、関数式が入っている空白のセルを数えないようにするにはどうしましょうか。

今までの内容をうまく使えば、数えることは可能です。

応用編:データの入ったセルの個数を数える(空白は除く)

データの入ったセルの個数を数える。ただし、空白のセルは除く。

『COUNTIF』、『COUNTIFS』、『COUNTA』は、たとえ空白であってもデータが入っていればそのセルを数えてしまう。

ならば、『空白』の個数を数えてくれる『COUNTBLANK』で引いてあげればいいのです。

=COUNTA(範囲)-COUNTBLANK(範囲)

この式は、
空白だとしてもデータの入っているセルの個数を数える関数から
データが入っていたとしても空白であるセルの個数を数える関数を引く、
と言うものであります。

うまくいきました、空白セル以外のセルを数えることができました。

他の関数を組み合わせた表の集計を行う際に使えると思います。

COUNT一族まとめ

最後に、今回紹介した関数を簡単にまとめてみたので、おさらいしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました