【mixhost】ドメイン名変更の手順や注意点

雑談

ブログを作成しているある日のこと、ドメイン名に関するある記事を見つけました。

その内容は、

というもの。

どういうことかというと、以前まで私は【arupaka.xyz】というドメイン名でブログを運営していました。

この「.xyz」というドメイン
安くて手に入れやすいのですが、ブログ等であまり見かけたことがないと思います。

ブログを始めた当初
「ドメインはどんなものでも問題ない」と様々な記事で見かけたため、
登録料が一番安い「.xyz」ドメインを選んだのですが、
この.xyzドメインについて調べてみると…

『xyz 迷惑メール』『xyz デメリット』といったマイナスイメージばかり…
実際に詐欺メールやサイトに使用されることもしばしば…

私が実際に調べたり、経験した内容をまとめた格安ドメインをオススメしない記事は↓

今回はドメインを『.xyz』から『.com』に変更しようと思った私が、
実際に行ったmixhostでの『ドメイン変更』の手順や注意点について記述していこうと思います。

これから「ドメイン変更をしてみたい」といった方の助けになれば幸いですが、
ドメイン変更にあたって以下の注意点をよくお読みください。

・今回の内容は「ドメイン名のみを変更する」という内容です。
例)https://○○○.xyz → https://○○○.com

・ドメインを変更するにあたって新規ドメイン取得の費用がかかります。

・簡単にできますがその分時間がかかります(あるぱかさんは3日ほどかかりました)。

・内容をよく確認しない状態でのドメイン変更は非常に危険です。
ドメイン名を変更する際は完全自己責任でお願いします。
※万が一、データ等が破損した場合、一切責任を負いません。

それでもよければ進みましょう。

スポンサーリンク

1.新しいドメインを取得する

ドメインを変更する際には言わずもがな新しいドメインが必要になります。

基本的には
自分がブログを作成する際にドメインを取得した方法と同じ方法で大丈夫です。

私はmixhostでブログを作成しましたので、mixhost上で新規ドメインを取得しました。

ドメインを取得する際は本当にそのドメインで良いの必ず複数回確認をしてください!

お名前.comや他のサイトで取得した方はそちらから取得した方が良いかと



何度も申しますが、ドメインは1度取得すると変更することができません。

何度も取得して余計なお金を費やさないようにしましょう。

2.バックアップの取得

元々使っていたブログをそのまま新規ドメインに移行するので、
もとのブログ内容のバックアップが必要です。

今回は「All-in-One WP Migration」というプラグインを使います。
このプラグインはデータ移行の際に非常に重宝するプラグインです。

まずはもとのブログでAll-in-One WP Migrationを導入しましょう。

導入されたら有効化し、プラグイン項目のエクスポートを選択します。

エクスポート先でファイルを選択し、PC内のファイルに保存します。

3.初期ドメイン変更の連絡をする

連絡はmixhostのサポートページから行います。

詳細はmixhost supportの「初期ドメインは変更できますか」という内容をご確認ください。

内容を確認したら、実際にカスタマーサービスへ連絡をしてみましょう。

まず、mixhostへログインします。
その後、「サポート」項目の「お問い合わせ」を選択すると、
「リクエストを送信」というページに移動します。

件名欄に『初期ドメインの変更』

説明欄に

現在の初期ドメイン:(例:example.mixh.jp
変更後の第一希望ドメイン:(例:hoge1.mixh.jp
変更後の第二希望ドメイン:(例:hoge2.mixh.jp
変更後の第三希望ドメイン:(例:hoge3.mixh.jp
サーバーアカウントを初期化してもよろしいですか?:(はい/いいえ)

を記入。1で取得した新規ドメインを第一希望ドメインに入力してください。
(第二希望ドメイン等、未記入項目は削除して大丈夫です)

サーバーアカウントの初期化は『はい』を選択します。
注意※必ずバックアップを取っていること、バックアップファイルの場所を確認してください
   『はい』を選択するとドメイン変更後、サイト内容が完全に無くなってしまいます。

その他項目を記入し、送信ボタンを押すと数日後に初期ドメイン変更完了メールが届きます。

4.バックアップデータをインポート

初期ドメインが新しいドメインになりましたでしょうか。

最後に新規ドメインのWordPressへバックアップデータをインポートしましょう。

まず、「All-in-One WP Migration」を導入します。

インポートの項目を選択するとインポートする箇所が登場します。

ここにバックアップデータをアップロードすれば元通りなのですが、
アップロードできるサイズが限られていますので、
アップロード可能サイズを増やしましょう。

『cPanel(mixhost control panel)』へログインし、
「ソフトウェア」→「Multi INI Editor」を選択

ページが変わって「場所を選択します」→「自分の新ドメイン」を選択します。

沢山の項目が出てきますので、その中から

post_max_size」と「upload_max_filesize」の項目を変更します。

バックアップデータのファイルサイズよりも大きな値を入力してください。

変更後「適用」ボタンを選択し準備完了です。

WordPressへ戻って「インポート」可能サイズを確認してみましょう。

最大アップロードサイズが500MBになりました!

「インポート元」→「ファイル」を選択し、バックアップファイルをインポートします。

以上でドメインの変更は終了です。

最後に

簡単にドメインの変更をすることはできますが、

ドメインの変更によるデメリットは多く、個人的にオススメはしません。

新しくサイトを立ち上げたいと思っている方は、
ドメインを取得する際には十分注意してくださいね。



雑談
スポンサーリンク
あるぱかをフォローする
あるぱかと日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました